野人魂

懐かしき未来へ続く道。内なる魂に触れる旅。
Copyright 2004~2017 大西琢也/ONISHI Takuya All rights reserved.
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PROFILE

火起こし奉納 in エジプト

火起師(ひおこし)【動画】
真冬の訓練in鋏山(1153m)


★どんなところで火起こしを?(更新中)
世界7カ国24地点
国内223地点を「地図」で表示 【押】


≡★(( 【連絡先】 ))★≡

    火起こし体験・出前授業・講演・執筆
    ワークショップ・企業研修・取材協力
    まちおこし・人材育成・組織の活性化
    各種団体の企画サポート等、まずはご相談を♪

    お仕事のご依頼やお問い合わせは、
    下記までお願いいたします。

    NPO法人 森の遊学舎
    TEL&FAX:0241−66−3371
    E-mail:【押】officeあっとugaku.com


    ≡★(( 2011年度 ))★≡
      【火起こし体験ワークショップ&献灯】
    4月17日 体験学習研究会(神奈川県)
    4月23日 丹生川上神社(奈良県)
    4月27日 祝島小学校(上関町)
    4月28日 田ノ浦海岸(山口県)
    4月28日 原爆ドーム(広島県)
    4月29日 小林家・美藤家 結婚式
    5月13日 緑小学校(猪苗代町)
    5月31日 虹ヶ丘小学校(川崎市)
    6月22日 World Peace & Prayer Day
         【夏至】せかいへいわといのりの日
    7月〜8月 こめらの森・南会津
    9月18日 大宴会in南会津
    10月 2日 樋口家・市勢家 結婚式
    10月23日Song of The Earth(新潟県)
    11月 2日 都立つばさ総合高校(大田区)
    12月 3日World Shift Osaka(大阪府)
    12月 4日World Shift Osaka(大阪府)
    12月 7日 小さな報告会(兵庫県)
    12月10日自然体験交流会(神奈川県)
    12月11日 体験学習研究会(神奈川県)
    12月23日名物!もちつき大会(南会津町)
    1月14日 藤生坪さいの神(南会津町)
    2月12日 「第40回只見の雪まつり」
    復興キャンドルナイト(只見町)
    3月 3日 池上家・竹田家 結婚式
         
    そのほか調整中です。
    最新の 【空き日程】 はお問い合わせ下さい。

    たいへん申し訳ありませんが、
    日程確保につきましては先着順で
    1日1団体となっております。

    候補日が決まりましたら
    お早めにご連絡いただけますようお願いします。

    【Today's Moon】 Tokyo  Click for Tokyo, Japan Forecast

  • RSS1.0配信 ⇒登録受付中【押】
CATEGORIES
RECENT COMMENT
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
調査報告 チェルノブイリ被害の全貌 (JUGEMレビュー »)
アレクセイ・V.ヤブロコフ,ヴァシリー・B.ネステレンコ,アレクセイ・V.ネステレンコ,ナタリヤ・E.プレオブラジェンスカヤ
RECOMMEND
RECOMMEND
ふたりの老女
ふたりの老女 (JUGEMレビュー »)
ヴェルマ ウォーリス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
地球の上に生きる
地球の上に生きる (JUGEMレビュー »)
アリシア・ベイ=ローレル,深町 真理子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
一万年の旅路―ネイティヴ・アメリカンの口承史
一万年の旅路―ネイティヴ・アメリカンの口承史 (JUGEMレビュー »)
ポーラ アンダーウッド, Paula Underwood, 星川 淳
RECOMMEND
RECOMMEND
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー (JUGEMレビュー »)
レイチェル・L. カーソン, Rachel L. Carson, 上遠 恵子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
火の起原の神話
火の起原の神話 (JUGEMレビュー »)
J.G.フレーザー, 青江 舜二郎
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ロウソクの科学
ロウソクの科学 (JUGEMレビュー »)
ファラデー, 三石 巌
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
イシ―北米最後の野生インディアン
イシ―北米最後の野生インディアン (JUGEMレビュー »)
シオドーラ・クローバー, 行方 昭夫
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
グランドファーザー
グランドファーザー (JUGEMレビュー »)
トム,ジュニア ブラウン, Tom,Jr. Brown, 飛田 妙子
RECOMMEND
RECOMMEND
虹の戦士
虹の戦士 (JUGEMレビュー »)
William Willoya, Vinson Brown, 北山 耕平
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 【屋敷神さまを修復中】2017年7月8日(土) | main | 【室内待機中です】新潟県土砂災害警戒情報 第1号が >>


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

【拡散希望】目標まであと「68%」です。夏休みキャンプの【送迎バス2往復分】をご志縁ください!!

 

【拡散希望】目標まであと「68%」です。夏休みキャンプの【送迎バス2往復分】をご志縁ください!!
 保養×生き抜く知恵
 外遊びの感動体験と生活体験で根っこを育む!

小さな子どもたちとお母さんに共同生活プログラムを通じて、
健康と笑顔と生き抜く知恵を!

詳細はこちら>>>http://r.goope.jp/minamiaizu/free/sumbus

早速、行動に移してくださった方が3人!!
とても勇気づけられています。
ありがとうございます!!
 
============(2017年7月11日現在)

◆目標金額:21万3940円
◆現在の達成金額:70,000円(目標の32%)
◆支援した人数: 3人
◆サポーター募集終了(2017年8月末)まで残り51日

=============

【ご質問への回答】核(原発)事故後の外遊びや現状について。
https://www.facebook.com/ugaku/photos/a.417569708253100.101732.394386487238089/1598166420193417/?type=3

 

=====


(((応援メッセージ)))

・いつまでもかっこいい亡き父からの贈り物。

・同じ子を持つ親として少しでも子どもたちの力になれる機会を与えてくださり、感謝しています。

・送迎バスの代金に使ってください。
============

 

※送迎バスへのご支援をいただいた残金は

夏休みキャンプを実施するための諸費用、

 

施設利用費、食費、スタッフ人件費、傷害保険料、材料費などに

 

活用させていただきます。

 

================

保養×生き抜く知恵

 

東日本大震災で被災した母子12名を
送り届けるバスを!

「こめらの森・南会津」 http://r.goope.jp/minamiaizu/   

夏休み保養「のびのびキャンプ」&「こめらの夏休みキャンプ」へ行こう!

子どもたちが外遊びの感動体験と生活体験で

 

「根っこ」を育む自然学校:NPO法人 森の遊学舎の代表理事。

 

大西琢也よりみなさまへ

 


◆このプロジェクトについて

夏休みの8月。2泊3日と6泊7日の保養キャンプ合宿。
小さな子どもたちとお母さんに共同生活プログラムを通じて、
健康と笑顔と生き抜く知恵を!

みなさま、はじめまして。

 

NPO法人 森の遊学舎の大西琢也です。

東日本大震災から7年目の夏。もうなのか、まだなのか。
それぞれの想いと祈りの中にいらっしゃると思います。

天災(地震・津波)とはまた違う、
核発電所の爆発による放射能汚染。
これは収束どころか現在進行形の人災です。

現在、日本各地で子ども達の心身の健康を気遣い、
未来への架け橋として保養プログラムが実施されています。

その中で、私達「森の遊学舎」のスタッフチームは
2011年6月から参加者と一緒に「古民家」の改修をしながら、
「こめらの森・南会津」を創設し、運営してきました。

このユニークな保養プロジェクトは、
被災者である子どもたちやお母さん、お父さんなど、
その当事者と共に「場づくり」から行うことで
共に汗を流し、共に困難を乗り越えてゆくチカラを培ってきました。

ヒトの根幹を育てる「暮らし・生活体験」を中心とした
保養キャンプはこれまでに47回実施。
延べ197家族、311人、1846泊以上が利用した実績があります。

2011年報告書)
http://r.goope.jp/minamiaizu/free/11sum-rep

 

===

震災から7年目に入ったこの夏。

 

資金とボランティア不足は深刻です。

 

特に、これまで参加費を低く抑えるために、

 

寄付金や補助金に頼って、なんとかやってきましたが、

 

申請していた福島県の補助金は不採択となり、

 

バス代や食費、プログラム材料費などを

 

自分たちで賄う必要に迫られています。

 

そんなことをお伝えしようと思った矢先に、

 

浜通りでM5の揺れがあり南会津にも届きました。

 

今もなお地震が起きるたびに、核発電所の現状を調べ、

 

事故による影響や

 

現在進行形の惨状を思い出します。

 

今回は福島県内の「浜通り〜中通り」地域の小さな子ども達を南会津へ。

県外の遥か遠くではなく、
福島県内でも奇跡的に低線量(0.06μSV/h)である
「こめらの森・南会津」の夏休みキャンプへ送り届けたい。

しかし、子どもを抱えて遥か南会津まで片道約200km。
慣れない高速道路に加えて、山脈を二つ越える山道では
危険性もあります。

未来の希望である子ども達。

彼らが安心して野外で遊べるように、
そして共同生活の中で生き抜く知恵を学べるようにと願う
母や父の想いは私達、おとなの共通の願いでもあるはずです。

どうか、小さな子どもたちを南会津までバスで送り届ける
お手伝いをしていただけませんか。

====

 

私自身、この春4月で南会津へ移住して9年目を迎えました。
地域のみなさんに教わりながら、豊かな森に包まれて暮らすことの
ありがたさを感じています。

その一方で、あの震災を決して忘れることはできません。
核発電所の爆発に伴う放射性物質の拡散。

緊急避難ではなく、自宅籠城を決めた時からの日々。
妻が窓という窓の隙間に雑巾を詰め込み、ガムテープで外気を遮断。
私は薪を室内に運び込み、水、食料などの残量を確認し、枕元には寝袋やテントなど。

さらなる危機には避難できる準備を整え、
情報収集と家族や友人、仲間への発信に追われました。

 

震災から10日後、放射性物質が舞う中で、
地域の仲間と協力して支援物資をかきあつめ、
余震が続く津波の地域へ向かいました。

トラックの窓を閉め、マスクをして休憩もせず、
波打つ高速道路を一気に駆け抜けたとはいえ、、、

きっと私達は被曝しています。

国とマスコミからは「健康にただちに影響はない」という言葉が
繰り返されてきましたが、20年、30年経ってどんな影響があるのか。
いったい誰が解っているのでしょうか。

ましてや小さな子ども達ほど、影響が大きいと言われる中、
ご家族の不安や恐怖はそう簡単に拭えるものではありません。

 

実際に小児甲状腺がんの認定は190人となり、増加の一途です。

 

http://www.sting-wl.com/fukushima-children13.html

 

すぐに移住したり、避難することは容易ではありません。
今もまだ模索したり、逆に避難先から戻ったり。
不安で潰れないように、見て見ぬふりをしたり。

必死に耐え、闘い、支えあっているお母さん、お父さん、
そして子どもたちがたくさんいます。
これが日本列島の現状ではありませんか。
フクシマ限定のことではなく、私たち一人ひとりの中にあること。

この人類史どころか、地球の歴史に刻まれるような出来事を
私達はどのように生き抜いていきましょうか。

===

「こめらの森・南会津」では、

日常的な放射性物質から一時的に避難する
「保養」であることはもちろん。

未来を担う子どもたちの【根っこ】を育むこと。

これが大きなテーマです。

共同生活をすることで、
新しい仲間との葛藤や出逢いがあり、
生活の中に散りばめられた
未来への可能性を発見するきっかけになる。

幼いころからの試行錯誤で、
培われるソウゾウリョク(想像力、創造力)。
それが知識偏重ではなく、命としての直観を磨き、
全体で物事を捉えるチカラになる。

楽しいことを与えられるのではなく、
自分で、仲間と共に発見する。
その過程こそ、楽しみであり、
人生を彩る喜びであると思います。

日々の「暮らし」が生きる基本。

だからこそ、
「暮らし」の一つ一つが政治にも経済にも、
夢にも、次世代にも、つながっている。

ヒトだけではなく他の生き物と関わり合っている。
多様性のある大きな環で生かし、生かされている。

そのことを身体で感じ、心で理解する
きっかけになればと思っています。

==========

 

福島県内に約36万人いる子どもたち(18歳以下)。

そのうち、震災によって30,968人が様々な形で避難しています。
県内への避難者数 (22,737人 平成29年5月31日現在
県外への避難者数(35,661人 平成29年6月16日(金)復興庁から

 

http://www.pref.fukushima.lg.jp/…/li…/285915_684247_misc.pdf

 

首都圏や東北各地を含めると、
いったいどれほどの子どもたちが影響を受けているのか。

全ては無理だとしても、何らかの形で多くの大人が関わり、
子どもたちから学び、新しい時代への扉を開いていってほしいと願います。

そのために、保養×生き抜く知恵が
今こそ求められているのです。


8月5日〜7日までの夏休み2泊3日。

 

8月11日〜17日までの夏休み6泊7日。

 

「こめらの森」では川や森で遊び、ご飯を作り、ドラム缶風呂を沸かしの

 

キャンプを実施します。

 

思う存分外で遊び、暮らし、学んで、笑顔ですごしてほしい。

4歳から11歳までの15名がフル参加。
お母さん、お父さんたちが3名。

 

スタッフもあわせれば、
合計20名以上の大家族になります。

それぞれの事情や日常や状況を抱えながら、
それでも集まって、楽しい時が過ごせればと思います。

今回のキャンプで送迎バスが2往復。

 

必要な母子は12名です。

地震、津波、核発電所の爆発から7年。
情報が錯綜し、日常と非日常、不安と希望が入り乱れる中、
子ども達は出会いと別れを繰り返しています。

そして、お母さん達は本当によく頑張ってきた。頑張っている。
子どもたちを想い、祈り、葛藤する日々。

たった数日であっても、「暮らしの原点」に還り、
群れをなす生き物であるヒトとしての「環・話・和」を取り戻し、
未来への選択肢を広げる一歩であってほしいと願い、
この夏休みキャンプを実施します。

出発まであと1ヶ月弱。
毎日、事務局で準備をしたり、メールを送受信したり。

当日の予定や持ち物、現地の様子などをお伝えして、
各家庭で準備をしていただいています。
とても楽しみにしてくださっている様子が伺えます。


====

「浜通り」から約200km

今回、送迎バスを必要としている子どもたちが住む
いわき市は太平洋側に面している福島県の東部で
「浜通り」と呼ばれる地域です。

そこから南会津までは鉄道で約6時間かかります。
新幹線で言えば、東京から熊本まで行くのとかわりません。
小さな子が狭い車内でそれだけ長時間を過ごすのは、
なかなか大変なことです。

そのため、車で移動となるわけですが、
自家用車で2つの山脈を越えて不慣れな道を南会津まで約200km。
これは東京から南会津。仙台から南会津。どれも同じぐらいの距離です。

 

途中で合流する大都市「郡山」からも約100kmです。
同じ福島県といえども、国内で北海道、岩手に次ぐ面積を
感じるには十分すぎます。


===

初めてのキャンプや共同生活を送るための準備をして、
遠距離を送り迎えもするとなれば、お父さん、お母さんにとっても
大きな負担となります。
これまでに、たくさんの困難と向き合い、葛藤の日々を過ごしている
家族のみなさんにも、安心して子どもたちを送り出してほしい。

お互いに一緒にいることが当たり前ではなく、
離れてみて感じる存在感。愛おしさ。言葉にならない想い。

それらの貴重な感触を味わって、再会を思う数日。
きっと子ども達にとっても、親御さんにとっても、
いい時間になると思います。

第1便行きのいわき市出発は2017年8月5日(土)午前8時ごろ。

 

帰りの南会津町出発は2017年8月7日(月・祝)午後13時ごろです。

 


第2便行きのいわき市出発は2017年8月11日(金・祝)午前8時ごろ。

帰りの南会津町出発は2017年8月7日(木)午後13時ごろです。

 

子どもたちを「こめらの森」へ!未来への架け橋を!
あなたのご支援お願いします。

お申し込みはこちらのフォームから。

http://r.goope.jp/minamiaizu/contact


=======

1円以上◆ご支援いただいた皆様には

「こめらの森・南会津」の
★ホームページへお名前記載(匿名OK)。
★報告書へのお名前記載(匿名OK)。

◆◆1万円以上、ご支援いただいた方には
★ホームページへお名前記載(匿名OK)。
★報告書へのお名前記載(匿名OK)。
★オリジナルポストカードを1枚送付
★「活動報告書」の送付

◆◆◆3万円以上、ご支援いただいた方には
★ホームページへお名前記載(匿名OK)。
★報告書へのお名前記載(匿名OK)。
★オリジナルポストカードを6枚セットで送付
★「活動報告書」の送付
★子ども達の直筆メッセージを送付

 

★特製こめら味噌500gを送付

====

◆費用の内訳

いわき市〜南会津町の2往復

送迎バス貸切 往復102120円×2回
高速道路・有料道路通行料(回送時も含む)4850円×2回

※目標額を上回るご支援をいただき、
残金がある場合は「夏休みキャンプ」の諸費用として
活用させていただきます。

=====

◆こめらの森・南会津について

http://r.goope.jp/minamiaizu/

◆運営団体:NPO法人 森の遊学舎について

2000年、設立。
2002年、NPO法人として認証。

【風土に根ざした絆や教育】を支援するために、

私たちは主に、
こども〜大人、家族を対象にした
自然体験活動やキャンプを行っています。

また指導者や各種団体向けのプログラムも
企画運営から講師派遣まで行っています。

ワークショップやファシリテーションといった
参加型の場づくりを通して、
「人と人」、「人と自然」をつなぐ架け橋となること。
それが私達の役割です。

本当の【幸せ】 や 【豊かさ】って何だろう?

何かに「迷ったり」、「悩んだ」時に
方向を見いだせる【道しるべ】

人としての根幹を育てる【生活体験】
今しかできない【感動体験】

Roots of Life(生命・暮らしの根っこ) を 子どもたちへ

詳細はこちらのホームページをご覧ください。
http://ugaku.com/


◆日々の活動報告は

森の遊学舎のフェイスブックページ
http://www.facebook.com/ugaku

または

代表大西のブログ『野人魂』
http://yajin.jugem.jp/

ぜひご覧ください。

===

長文を最後まで読んで下さり
本当にありがとうございます。

日本列島、世界各地で日々の暮らしを大切にしながら、
つながり響きあってまいりましょう。

2017年7月7日 ご縁を紡ぐ「七夕」に寄せて

 

NPO法人 森の遊学舎 
代表理事 大西琢也

【お振込先】 
※お申し込みは先にこちらのフォームから
お名前ご住所などをお願いします。

http://r.goope.jp/minamiaizu/contact

 
●ゆうちょ銀行口座間の振込
ゆうちょ銀行 記号 10420  番号 25036271
特定非営利活動法人 森の遊学舎

●ゆうちょ銀行以外の金融機関口座から
ゆうちょ銀行 店名 〇四八(読み ゼロヨンハチ)
店番  048 普通預金 番号 2503627
特定非営利活動法人 森の遊学舎

| こめらの森・南会津 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yajin.jugem.jp/trackback/2867
トラックバック