野人魂

懐かしき未来へ続く道。内なる魂に触れる旅。
Copyright 2004~2017 大西琢也/ONISHI Takuya All rights reserved.
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE

火起こし奉納 in エジプト

火起師(ひおこし)【動画】
真冬の訓練in鋏山(1153m)


★どんなところで火起こしを?(更新中)
世界7カ国24地点
国内223地点を「地図」で表示 【押】


≡★(( 【連絡先】 ))★≡

    火起こし体験・出前授業・講演・執筆
    ワークショップ・企業研修・取材協力
    まちおこし・人材育成・組織の活性化
    各種団体の企画サポート等、まずはご相談を♪

    お仕事のご依頼やお問い合わせは、
    下記までお願いいたします。

    NPO法人 森の遊学舎
    TEL&FAX:0241−66−3371
    E-mail:【押】officeあっとugaku.com


    ≡★(( 2011年度 ))★≡
      【火起こし体験ワークショップ&献灯】
    4月17日 体験学習研究会(神奈川県)
    4月23日 丹生川上神社(奈良県)
    4月27日 祝島小学校(上関町)
    4月28日 田ノ浦海岸(山口県)
    4月28日 原爆ドーム(広島県)
    4月29日 小林家・美藤家 結婚式
    5月13日 緑小学校(猪苗代町)
    5月31日 虹ヶ丘小学校(川崎市)
    6月22日 World Peace & Prayer Day
         【夏至】せかいへいわといのりの日
    7月〜8月 こめらの森・南会津
    9月18日 大宴会in南会津
    10月 2日 樋口家・市勢家 結婚式
    10月23日Song of The Earth(新潟県)
    11月 2日 都立つばさ総合高校(大田区)
    12月 3日World Shift Osaka(大阪府)
    12月 4日World Shift Osaka(大阪府)
    12月 7日 小さな報告会(兵庫県)
    12月10日自然体験交流会(神奈川県)
    12月11日 体験学習研究会(神奈川県)
    12月23日名物!もちつき大会(南会津町)
    1月14日 藤生坪さいの神(南会津町)
    2月12日 「第40回只見の雪まつり」
    復興キャンドルナイト(只見町)
    3月 3日 池上家・竹田家 結婚式
         
    そのほか調整中です。
    最新の 【空き日程】 はお問い合わせ下さい。

    たいへん申し訳ありませんが、
    日程確保につきましては先着順で
    1日1団体となっております。

    候補日が決まりましたら
    お早めにご連絡いただけますようお願いします。

    【Today's Moon】 Tokyo  Click for Tokyo, Japan Forecast

  • RSS1.0配信 ⇒登録受付中【押】
CATEGORIES
RECENT COMMENT
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
調査報告 チェルノブイリ被害の全貌 (JUGEMレビュー »)
アレクセイ・V.ヤブロコフ,ヴァシリー・B.ネステレンコ,アレクセイ・V.ネステレンコ,ナタリヤ・E.プレオブラジェンスカヤ
RECOMMEND
RECOMMEND
ふたりの老女
ふたりの老女 (JUGEMレビュー »)
ヴェルマ ウォーリス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
地球の上に生きる
地球の上に生きる (JUGEMレビュー »)
アリシア・ベイ=ローレル,深町 真理子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
一万年の旅路―ネイティヴ・アメリカンの口承史
一万年の旅路―ネイティヴ・アメリカンの口承史 (JUGEMレビュー »)
ポーラ アンダーウッド, Paula Underwood, 星川 淳
RECOMMEND
RECOMMEND
センス・オブ・ワンダー
センス・オブ・ワンダー (JUGEMレビュー »)
レイチェル・L. カーソン, Rachel L. Carson, 上遠 恵子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
火の起原の神話
火の起原の神話 (JUGEMレビュー »)
J.G.フレーザー, 青江 舜二郎
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ロウソクの科学
ロウソクの科学 (JUGEMレビュー »)
ファラデー, 三石 巌
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
イシ―北米最後の野生インディアン
イシ―北米最後の野生インディアン (JUGEMレビュー »)
シオドーラ・クローバー, 行方 昭夫
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
グランドファーザー
グランドファーザー (JUGEMレビュー »)
トム,ジュニア ブラウン, Tom,Jr. Brown, 飛田 妙子
RECOMMEND
RECOMMEND
虹の戦士
虹の戦士 (JUGEMレビュー »)
William Willoya, Vinson Brown, 北山 耕平
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

【小正月の伝統行事】賽の神(新潟県柏崎市)
雪の中で燃える「「賽の神」(新潟県柏崎市)


ただいま「さいの神・どんど焼き・おんべ」全国データーベースを作成公開中です。


柏崎・夢の森公園(新潟県)の堀井さんから
賽の神の情報と写真をいただきましたのでご紹介します。


=====引用ここから↓


大西さんへ

メール&ブログ、楽しみに拝見しています。
柏崎・夢の森公園の堀井です。
東北ミーティング以来ですね。ご無沙汰しています。
やー、大西さんやっていること言っていることが
アツくて、ゲンキをもらっています。ありがとう。
私ももっともっと自分を燃やしていこうー!!

さいの神のデータベース、乗っかってみました◎

私は今、柏崎市内の世帯数20ちょっとの山奥に
一軒家を借りています。(今年は3年目)
そこで新年に賽の神をやりました。

何か有用な情報があるかは分かりませんが、
どうぞお納めください^-^

●都道府県:新潟県
●市町村:柏崎市
●集落名:大角間(住所としては柏崎市東長鳥)
●会場: 広場(雪の上)
●日程:1月9日
●開始時間:13時〜

●名称:賽の神

●点火方法: 灯油

●燃やすもの:わら、竹
 オキになったところで、スルメ、もちを焼いて食べる

●竹を高さ5メートルほどに組んで燃やす。
竹は水分を含んでいて熱くなると「パーン」と音がするので、
鳴り物になる。

●燃え終わった後の竹の炭を持って帰って家の玄関に
吊るしておくと魔除けになる。



======引用ここまで ↑


情報ありがとうございます!
1月末にいただいていたのに、
掲載が遅くなってすみませーーん。

こうして、みなさんそれぞれの地域から
お便りなどいただけるのはとても嬉しいです。

材料に竹を使っているとのこと。
種類を聴いてみたら、「孟宗竹」でした。

会津高原では生えていないので、
同じ雪国でも違うことを知りました。
それだけ、うちは寒いということか。。。

竹の破裂音。
凄まじい時もあれば、あれれ?ということもあり。
でも、大きな音が鳴ると本当に驚きますね。

宮崎県高千穂町ではこの破裂音で幸せを呼び込む
「鬼の目はしらかし」という行事があります。

燃え残りの炭を家に持ち帰って魔除けにするあたり、
顔に炭を塗ることと通じて、古代からの匂いがプンプンする。

地域の伝統行事が見直されることで、
面倒なこともあるでしょう。

でも、みんな一人では生きられない。
それぞれで工夫しつつ、楽しめるといいですね。


続きを読む >>
| 火祭り | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

【小正月の伝統行事】どんと焼き(宮城県仙台市)


ただいま「さいの神・どんど焼き・おんべ」全国データーベースを作成公開中です。


Mさんから仙台の情報を
いただきましたのでご紹介します。


=====引用ここから↓

大西先生
どんど焼きね、私の生まれ育った仙台では「どんどん(どんと?)焼き」と
言ってたように思いますが、懐かしいです。

仙台は今も盛んなようですが、14日の夜のどんと焼きは盛大でした。
お正月に飾った門松や松飾を全て神社に持って行って焼くのでした。
(ですから、東京に来て、お正月飾りを「燃えるごみ」として出すのは抵抗がありました。
焚き火が許されていた頃は我が家の庭でミニミニどんと焼きをいたしましたが、
今はそれも許されませんから、ゴミとして出しますが。)

本題に戻りますと、「八幡神社」は仙台で一番人気で、
褌いっちょうでお参りする裸参りの厄年の男性が多かったです。
私の父も数え42歳の時、裸参りをしたのを覚えております。

因みに15日からは小正月と言って、
お飾りも小さな白・ピンク・緑・黄色等のお餅を枝に飾ったもの
(繭玉飾りに似ていますが、繭玉は無く、餅もずうっと小さい)に替わって、
女性が主役になって、男性に接待されるのでした。

暮れからお正月にかけて親戚や父のお客の接待に大忙しだった母が、
15日にはお友達と楽しく語らい、夕方になって父が帰宅すると、
父が母のお友達にお酌したりしたのを覚えております。

14日の夜は、その小正月への年越しですから、
大晦日の年越し御膳ほどではないですが、御膳を用意して祝いました。

小正月への年越しの定番メニュウは思い出せないのですが、
大晦日の年越しは「ナメタの切り身の煮付け」と
「鱈の眞子と大根の千切りを炊いたもの」と
「鱈の白子(キクと呼んでおりましたが)のお吸い物」が定番でした。

お風呂の後、新しい下着や服を着て、家族揃ってお膳につき、
お神酒で年越しを祝いました。

とにかく、仙台のどんど焼きは盛大で、
お正月飾りを神社の境内に持っていって焼いて、
その火に身体を満遍なくあてることにより、一年の無病息災が約束されました。
夜店も沢山出て、初詣以上に賑わった様に思います。




======引用ここまで ↑


仙台のお話。

繭玉飾りのことや、ご家族のご馳走のお話など。
とても興味深いですね。

お正月飾りがゴミになってしまう。
とてもリアルで哀しい現実だと思います。

生け花や花束も同じ運命を辿っている。
ゴミ箱に直行しているという話を
別の方から聴いたことがあります。。。

寂しいね。
これは現代における「食べ物」の扱い、そのままですね。

「命」って使い捨てなんだろうか。

そんな問いかけもないまま、
大人が当たり前のようにしていることから、
子どもたちが学び、育ち、真似をしてゆく。

ゴミではなく、せめて命として扱ってほしい。
当たり前のように大地へ還して、次の命を育む。
それができる方法はないでしょうか。

自分も他人も見ないふりをして、
しっかり見ていると思います。

人間だけが命ではなく、周りの全てに命があり、
それらと共にある私達。
お互いに生かし生かされている。

日常の中で実践していきましょう。

Mさんのお話で、
一番印象に残ったのは、この場面。


> 女性が主役になって、男性に接待されるのでした。
> 父が母のお友達にお酌したりしたのを覚えております。


お互いの存在を尊重する。感謝する。
そんなイイ時間。幸せ。
未来にも遺してゆきたいですね。


続きを読む >>
| 火祭り | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

【小正月の伝統行事】賽の神(東京都稲城市)
燃える賽の神(東京都稲城市)


ただいま「さいの神・どんど焼き・おんべ」全国データーベースを作成公開中です。

今日はCさんから東京の情報をいただきましたので、
写真と共にご紹介します。

=====引用ここから↓


こんにちは!!
ルパン、お元気ですか?
会津は、雪の世界ですか?

こちらは、昨日、おとといはまるで春のようで、
昼間は上着なしで大丈夫でした・・・
また、きょうからは、なんとなく冬に戻りましたが、
霜柱踏みで靴が泥だらけになったり、
バケツの水が凍って厚さを測ったり・・・なんてことは、できませんね・・・

さて、全国どんど焼き調べ ・・すごい、たのしそうですね。

じつは、わたしの子供時代には、まったく経験がなく、
見たことも聞いたこともありませんでした。
たぶん、育った場所が山を崩して開発された新しい住宅地で、
そんな伝統行事をするひとは、いなかったのでしょう。

今住んでいる、東京都稲城市はそういった伝統行事を大切にしています。

ここでは、塞の(サイのまたはセーノ)神といわれ、
1月10日ごろの日祝におこなっています。

ことしは、1月11日。
日程は違いますが、市内各地区で行っています。

サイの神の行事は、
各地区がそれぞれ自治会や消防団を中心に行っています。

うちの地区(稲城市坂浜)は、
おそらく市内で最も活発で、地域の方々が頑張ってくださっています。

(農地がまだまだ残っている地区で、稲作、野菜作りをしており、
地場野菜を露店、農協で買えます。稲城市は、ナシやぶどうも生産されています!!)

この数年で、新しい住宅地が開発され人口が増えたにも関わらず、
昔からの自治会が呼びかけをしてくださり、小学校3校分の地域が一つになります。

場所は、鶴川街道沿いの板金屋さんの裏の広い田んぼで、
周囲に竹やぶがわずかに残っています。
竹やぶの下を流れる三沢川から水をくみ上げ、消防車が放水します。

立地条件からか、この地区のサイの神の高さは、
稲城一(東京一か?)高いものらしいです。
数年前に参加したとき、司会の人が、
すごく自慢していたことがありました(笑)

(他の地区で、団地の脇のゲートボール場でやっているのを見ましたが、
火の粉がベランダに飛び、ちょっと冷や冷やしますよね・・・
道を挟んで、すぐ住宅が並んでいるしで・・・)

地域の人たちへの参加呼びかけは、
前々日、前日、当日の3日間あります。
昨年、○○は中学のバレー部員として招集がかかり、
前日の手伝いで、まゆ玉づくりや
前夜祭でふるまうトン汁の準備をしたようで、
とても楽しかったようです。

あと、サイの神づくりも男の人が中心になってやります。
うちは、子供たちが低学年のころ、
一度だけサイの神づくりに参加しました。

田んぼを歩き回り、篠竹を運び、
枝を編んで編んで・・・寒かったから、
厚着をしていったのですが、汗をかき、(鼻水もでましたが)、
だんだん薄着になって、、、
正月明けのいい運動になってよかったんですが、、、
しかし、手腕足腰がボロボロになったこと(笑)、憶えています。

当日は、かなりの人数が集まり、市長もあいさつに来ます。
そして、火起こし人はいませんが、点火式が行われ、
パチパチ、ドンドン、と音を立てながら、サイの神が燃えていきます。

高さがあるだけに、かなりの高さの火柱があがり、圧倒されます。
集まった人たちは、遠くの炎の暖かさを受け、
新年の挨拶を交わし、ペチャクチャ喋ったり、
子供は走りまわったりして、まゆ玉焼の時を待ちます。

まゆ玉に加え、お餅、トン汁、ミカンなどなどを頂けます。
それは、それは、みな行列です!!

今年は残念ながら、参加できなかったのですが、
数年前の写真がありましたので、添付します。
(なんか、もっとあったような気がしたのに、みあたりません・・・)

私には、サイの神は大人になってからの体験で、
興味深かったので、つい長々と書いてしまいました。
まとまってなくてすみません・・
なにかの参考になるかしら??

全国の様子、楽しみにしています。

では、時節柄、お体を大切にしてください。
ルパンのご活躍を応援しています!!



====引用ここまで↑


賽の神で焼かれる団子。(東京都稲城市)


Cさん、面白い情報をありがとうございます!!

都内は江戸時代に火事が多く、
「どんど焼き」や「さいの神」が禁止されました。

しかし、東京であるから全くできないかと言えば、
そうではありません。

近隣住民の理解。
消防団や自治会、行政など、公共機関の協力。
地域コミュニティーの復活が求められる現代にあって、
これは貴重な機会ではないでしょうか。

災害があった時に、助けになるのは日常のつながり。
日常で挨拶ができる関係、共同作業から生まれた結びつきは、
子どもたちにとっても大切。
子ども〜老人まで安心して暮らせる町づくりにも
通じるものだと思いませんか。

ダイオキシンが出るから焚き火は禁止されている。
これは現代における全くの「勘違い」です。

ゴミを燃やす野焼きはできなくても、
伝統行事であるどんど焼き、サイの神、しめ縄を燃やす行為、
キャンプファイヤーなどは
例外となっている場合が多いです。

詳細は居住地の火災予防条例などを読んだり、
消防署で直接聴いてみてください。
届け出が必要な場合もあります。

参考)
「改正・廃棄物処理法早分かり」廃棄物処理法の例外規定
 ⇒ http://www5b.biglobe.ne.jp/~amigo-x/sub8.htm#dondo


東京都日野市 ⇒ http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/14,4579,180,html
岐阜県川辺町 ⇒ http://www.kawabe-gifu.jp/ku-gomi6.htm
北海道新十津川町 ⇒ http://www.town.shintotsukawa.lg.jp/01_jumin/seiangp/kannkyo/010.jsp
大阪府泉南市 ⇒ http://www.city.sennan.osaka.jp/kankyou/noyaki/index.htm
徳島県三好市 ⇒ http://www.city-miyoshi.jp/ezs/info.asp?s=10&c=30&g=040&id=354
熊本県阿蘇市 ⇒ http://www.city.aso.kumamoto.jp/living/garbage/incineration.html


同じ法律でも自治体によって、書き方も言い方も微妙に異なりますね。
こんなところに行政のスタンス、市民への向き合い方が出ているかも。
どんど焼きがどんと焼きになっていたり、呼び方の違いも面白いなあ。


=======

各地から投稿をしてくださり、
本当にありがとうございます!みなさんの声、とても楽しみです。

おかげさまで1都1府16県から30件以上の情報が集まっています。
しかし、全く情報がない地域もあります。

【北海道・東北】
北海道、岩手、山形

【関東】
茨城、千葉

【中部・北陸】
山梨、富山、岐阜、愛知、福井

【関西】
滋賀、三重、奈良、和歌山、京都、兵庫

【山陰・山陽】
鳥取、島根、山口

【四国】
香川、徳島、高知、愛媛

【九州・沖縄】
福岡、大分、佐賀、長崎、鹿児島、沖縄

こちらにお住まいの方、親戚やお友達のいらっしゃる方は
ぜひ情報提供をお願いします。
コメント欄に一言でもかまいません。ぜひ〜。

「さいの神・どんど焼き・おんべ」全国データーベース作成公開中。

このプロジェクトは継続してゆきます。


続きを読む >>
| 火祭り | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

【映画・DVD】『千年火(せんねんび)』から続く物語
評価:
---
ソニー・ミュージックディストリビューション
¥ 2,000
(2005-03-24)


先日からスタートした「さいの神・どんど焼き・おんべ」全国データーベース作成。

各地から投稿をしてくださり、
本当にありがとうございます!とても面白いですね。

おかげさまで1都1府15県から情報が集まっています。
しかし北海道、四国、沖縄あたりは全く情報がありません。

他の地域もまだまだ募集中ですから
同僚や遠くの親戚、お友達にも声をかけて、
ぜひぜひコメントを宜しくお願います。

このプロジェクトは継続してゆきます。

で。
本日の本題ですね。
今回は『千年火(せんねんび)』という映画との出逢い。
そして、その後の物語についてお話させてください。

私はずいぶん前から「火祭り」や「発火方法」などなど。
火にまつわることに興味があり、実践しながら調べています。

その中で九州福岡に1200年以上も絶やさず
火を護ってきたお宅があることを知りました。

さらに調べたら、関連する映画があると。
普段は映画DVDを購入することは皆無。
でも、なんとなく気になって2005年の夏あたりに入手したわけです。

内容は期待したものとは全く違いました。(笑
長いこと護られてきた火が中心かと思いきや、
ある少年の心を題材に描かれていました。

人の命。存在感。ある意味では煩わしい。でもありがたい。
さまざまな人間関係から生まれる周りとの絆。
全てを包み込む自然のこと。
大きなテーマの中に火がありました。

いい意味で裏切られたわけですが、
どこか共感できることが多くあり印象に残っていました。
暗闇に祈るご主人(丹波哲郎)の姿。
子どもたちが家々を周り、手渡してゆく小さな炎。

これらは私の心の中の火と共に燃やされてきました。

そして3年後。
東京から南会津へ引っ越した私達の家に、
ある人物が訪れます。

第20回全国生涯学習フェスティバル記念事業で
劇場用長編映画『春色のスープ』を製作した監督。

さらに南会津町の紹介DVDを製作した監督。
打ち合わせ&取材にいらしたその方は、なんと!
『千年火』を作った瀬木監督でした。

最初は全く気付きませんでした。
ま、映画そのものに出ているわけではありませんから。
当たり前かもしれません。

けれど、囲炉裏を囲んでご本人とお話しする中で
お互いの歩いている道が交差した瞬間の嬉しさ。

同席してくださったKさんも
数年ぶりの再会。え?ここに居たの?という感じでした。
あとお一人は私達の結婚式でお世話になったAさん。
南会津へ移住した方として大先輩です。

これだから人生は面白い。
人と人の出逢い。別れ。ご縁。
どこでどうなっているものか。
あちらもこちらも繋がっているものですね。

今回、その瀬木監督に前述の
「さいの神・どんど焼き・おんべ」全国データーベースについて
ご協力をお願いしたところメッセージをいただきました。


続きを読む >>
| 火祭り | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

【秋田県の火祭り】「紙風船祭り」
秋田県仙北市 紙風船祭り(岩木山自然学校 高田さん提供)


木山自然学校(青森県)の高田さんから情報提供をいただきました。
ありがとうございます!


=======

青森県内では、
隣村で「ろうそく祭り」を毎年開催していましたが、
小さな集落で離村が続きとうとう一昨年からやらなくなりました。

隣県の秋田県の祭りでき恐縮ですが、
仙北市の西木町「紙風船祭り」をお勧めします。

昨年行って来ましたが、とても味わいある火祭りでした。
近年、とても人気でたくさんの観光客を集めています。

見るのもよし、地元の食べ物を食すもよし、
ローカル鉄道「秋田内陸縦貫鉄道」に乗っての
雪景色を堪能しながらの「紙風船」祭りは最高でした。

角館が中心都市となり、その次の日は、角館の「火ぶりかまくら」祭りです。
両方楽しむのがお勧めのコースです。冬の武家屋敷もおつなものです。



=======

秋田県仙北市 紙風船祭り(岩木山自然学校 高田さん提供)

写真提供(2枚とも):高田さん


続きを読む >>
| 火祭り | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

【小正月の伝統行事】さいの神(南会津町上野地区)
南会津町上野(うわの) さいの神。夕暮れの雪の中。炎がきれいだった。

さいの神 現地レポート。

=====

●都道府県:福島県
●市町村:南会津町
●集落名:上野(うわの)
●会場:畑
●日程:1月14日
●開始時間:17時〜
●名称:さいの神
●点火方法:ライター(2010年は錐揉式火起こし)
●燃やすもの:すすき、お札、書き初め、スルメ、団子、門松、しめ縄、モチ
●ご神木について(本数、樹種、形、飾りつけ、呼び名)
晩秋11月ごろに2本の松を立てて、大きい方を「おす」、一回り小さい方を「めす」と呼ぶ。
ご神木の周りにすすきなどを立てかけて、円錐状にしてゆく。
ブルーシートなどはかけずに乾燥させる。
●生殖器と人形:なし
●担い手:大人
●厄年:厄年の人がみかんを箱で寄付して、蒔く。
●みかん蒔き:あり。リンゴが飛ぶこともある。
●餅焼き:あり。食べると一年間無病息災。
●ふるまい:日本酒。時に熊汁。時に鹿刺し。その他。
●水屋:なし
●胴上げ、胴突き:なし
●小屋掛け:なし
●呪術(炭塗りなど):おでこに炭を塗ると病気をしない。来ていない人のために炭を持って帰る。
●消防団:時間のみ把握。
●消火方法:不明
●外部からの参加者:なし
●その他、一言コメントなど
会場は「火伏の観音様」(妙義山のお札)が目の前にある畑。
藤生消防団は出初式の際に、全員でお参りして一年間の防火予防を祈願する。
ピンク、黄色、緑、白などの色がついた団子を二叉、三叉などの望に射して焼く。
スルメも同様にして焼いて食べる。
百姓農家が多いので、「めす」に豊作祈願をこめて点火する。早く燃えると豊作。


続きを読む >>
| 火祭り | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

【求む!情報】 さいの神2010全国データーベース
さいの神
南会津町藤生地区のさいの神↑


『野人魂』をご覧のみなさんへ

教えてくださーーい。


この時期、各地域ごとに

小正月の伝統行事である

「さいの神」=「おんべ」=「松燃やし」=「どんど焼き」が熱い!!

・・・と思います。

地域ごとに長く続いていたり、
最近になって復活したり。

なにより子ども〜年配の方まで
一緒に火を囲んでいる姿はとてもイイな〜と。

去年は南会津で2か所。只見で1か所。長野県で1か所。
参加&点火をさせていただきました。
それぞれ特色があって、工夫もあり、面白かったです。


あるところでは、、、

火が小さくなってきたところで、

青年団による炭塗りが。

男性も女性もかまわず、区長さんも含めてまっ黒け。

私も当然、餌食になりまして。。。

we are change ! なんて言って

笑い合ったのを覚えています。

その後、帰宅して鏡をみたら驚きましたが・・・

おかげさまで良い一年になりました。(*^_^*)



で。

みなさんの地域ではどんな感じですか?

子どもの頃、参加した覚えがありますか?

とっても興味があります。



「さいの神」情報をコメント欄に書き込みお願いします。
写真を提供していただける方はメールで送ってください。

お待ちしてます。

ご家族・親戚や職場の同僚にも聴いてみてね。


みんなで作ってみよう。
さいの神2010全国データーベース。なんちゃって。




続きを読む >>
| 火祭り | 21:51 | comments(34) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP


■「東日本大震災」救援活動 特設ページ

「こめらの・南会津」・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu
==========================
2011年度〜5年半にわたり「夏休み」、「冬休み」、「春休み」の活動への
ご支援、誠にありがとうございます!
延1000泊以上を支援することができました。
活動は継続中です。フェイスブックページもご覧ください。
【動画】http://youtu.be/0HCY6AQG8z0


ボランティアスタッフと活動支援金を募っています。→【こちら】 http://r.goope.jp/minamiaizu/free/onegai

塞の神:「おんべ」(福島県伊南村)
おんべの火。勢いがいいなあ。

福島県に住む友人が、火祭りの写真を送ってくれました。
ありがとう♪

火の勢いがすごいね!

+++++++

↓コメント
今日は伊南村のおんべ。
地区ごとに大きな火をたいて今年の無病息災をお祈りする日でした。

+++++++

正月15日に行われる火祭りですね。
それを伊南村では「おんべ」と呼ぶのかな。

正月の松飾や注連縄、書初めなどを持ち寄って焼き、
その火でさらに餅を焼いて食べ、無病息災を祈ります。

僕も子供の頃、やったなあ。
ちなみに実家の神奈川県座間市では
「どんど焼き」と言ってました。

楽しい行事ですよね。

*他の呼び方。

 どんどやき。とんど。左義長。さいとやき。
 さんくろうやき。ほちょじ。ほっけんぎょう。
 さいの神。せいの神。おんべ焼き。
 
| 火祭り | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP